風俗ドライバーは危険が少なくて意外と安全に稼げるお仕事

眼鏡を掛けた男性

デリヘルドライバーの仕事内容について

男性と自転車

デリヘル風俗店のホームページでよくドライバー募集というページがありますが、「風俗ドライバーの仕事って何をしているのだろう?」と思われている方も多いと思うので、デリヘルドライバーの求人に応募を考えている人へ仕事内容を説明したいと思います。
風俗ドライバーの主な仕事は女の子を待機場所から客の指定したホテルや自宅までの送迎や、待機場所から女の子の自宅までの送迎となります。その他にも女の子が客から貰ってきたお金の管理等も行います。また、女の子が客との間でトラブルが発生した時にデリヘルドライバーが駆けつけることがあるとされていますが、多くの場合ではデリヘルドライバーでは対処不可能なので、危なそうな人と対峙するということはないので安心してください。
デリヘルドライバーが1日に車で走る距離は、8時間勤務して忙しい日だとすると200km以上を走ることもありますが、暇な日になるとほとんど走ることなく車の中で待機することになります。この車内で待機している時間というのは何をして過ごしているのかというと、基本的には自由時間となるので何をして過ごしていても大丈夫です。お店からの連絡が来るとすぐに動けるようにしておけば仮眠をとったり、スマホでゲームをしてても大丈夫です。このようにデリヘルドライバーは運転と休憩のメリハリがついた仕事ともいえるので人気のある職種となっています。

風俗ドライバーは必要経費が肝となります

風俗ドライバーの仕事は車と運転免許さえ有れば簡単に始められる上に高収入が期待出来ることから、男性から人気の仕事となっています。その風俗ドライバーの求人なのですが、しっかりと確認を行ってから応募しないと「思っていたよりも稼げない」といった事態に陥ってしまうことがあるので注意が必要なのです。
待遇に関して必ず目を通す項目に貰える時給がありますが、都会での仕事となると時給1500円~2000円程度が相場とされており、そこから配車の効率性などを考えて時給を上下させる傾向にあります。また、時給とは別に考えなくてはいけないのが配車時のガソリン代となります。ガソリン代が時給とは別に支出されるならば何の問題も無いのですが、時給にガソリン代が含まれる場合は注意が必要となります。
それはお店の営業エリアが狭い場合なら、移動に必要となるガソリンの量も少なくて済むので、時給から引かれるガソリン代も少なくなるのですが、営業エリアが広い場合となると必要なガソリンの量も増えて実質的な給料が想定よりも低くなってしまうことがあるのです。その為、風俗ドライバー求人の面接時にガソリンや携帯電話の通信費といった必要経費について、しっかりと確認することをお勧めします。

男性の風俗求人のドライバー

男性の風俗求人の中には風俗店のドライバーがあり、仕事内容はお店で働いている従業員やサービスを受けようとするお客さんの送り迎えです。そこで、この仕事で意識する事がお客さんとうまくコミュニケーションをとっていくことと、失礼がないようにする事です。もし、お客さんとのコミュニケーションがうまくとれなかったり、失礼な対応をとってしまうと店に対するお客さんの評価が落ちてしまう可能性が高いです。つまり、今後そのお客さんがお店を利用しない可能性が高いですので、お客さんへの対応をなるべく丁寧に行うべきです。
風俗ドライバーはただ送るのが仕事ではなくて、お店の印象をお客さんに与える事になるのでお店の印象を良くするためにお客さんへの対応をしっかり行います。丁寧に行って、お客さんへ雰囲気が良いお店だと印象づける事ができればお客さんが良い気分のままお店のサービスを受ける事ができるのでメリットがあります。
また、お店側がしっかりとドライバーに対して教育をして良い接客ができるように指導していきます。お店の教育がしっかりとしているとドライバーの質が上がって、お客さんから良い評価をもらえてお店が繁盛するきっかけになるので大事な事です。


風俗ドライバーなら理想のお仕事となるはずです。ドカントに掲載されているお店は危険が少なく、意外と案外と安全に稼げるお仕事を提供しています。